スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬱、およびその周辺的状態について

 大変ご無沙汰しておりました。

 現在、私が中心になって、ZEROのシステムをより多くの方に知ってもらうべく組織造りを進めています。

 twitter(@mrzeroproject)やアメブロ(http://ameblo.jp/zero-blackdragon/)などで、本件についてお話ししておりますので、もしよろしければご覧ください。


 さて、今回は前回に引き続き、鬱そしてその周辺的状態についてお話し致します。

 「鬱病」という病気については、医学上も正確な定義は出来ないようです。

 そこでアメリカの精神医学界やその他の高名な先生たちが、現場の医療で用いる診断基準を定めています。

 しかし本稿では、鬱病の定義に敢て拘らず、いわゆる次のような症状が見られる場合には、その周辺的状態として広くお話しさせて頂きたいと思います。

 ですので、今後は混同や誤解を避けるため、「鬱病」という語を用いず、「鬱的状態」という記述で統一させて頂きます。しかし、この「鬱的状態」というのも、私の個人的経験やその後接する機会を得たクライアントさんの体験から抽出したものですので、非常に主観的、属人的なものであることをご了承ください。

 また、何度も繰り返しになり恐縮ですが、ご自身の症状について安易に独断による診断をせず、「少し深刻かもしれないな」と感じられたら是非心療内科なりの専門医による治療をお受け下さい。


※鬱病の診断基準の詳細については、下記サイトなどをご参考下さい。

 http://www.utuban.net/medical/standard/standard02.html


【鬱的状態】

(1)特に大きな理由が無くても、むしょうに悲観的な思いに囚われる
(2)朝、目が覚めても、どうしても布団から出られない
(3)働こうとか、勉強しようとかの前向きで生産的な活動に対する意欲が全く湧かない。あるいは湧いたとしても非常に短期間でその気持ちが消滅してしまう
(4)気付くと、数時間以上も何もしないで部屋の中にいた
(5)特に食生活を変えた訳でもないのに、体重の増減が著しい
(6)睡眠、食事のリズムが完全に壊れている
(7)落ち込んでいたりするのとは反対に、苛立ちが長時間治まらない
(8)貯金が底を尽く、あるいは部屋に食べるものが無い・・・にも関わらず、何とかしなくては、という気持ちが全く起こらない
(9)世の中や人生が耐えられないほど複雑なものに思える
(10)「死」を考えていた自分に気付き、驚く
(11)以上の様な状態が10日~20以上続く

・・・etc.

 まあ、事象的な例を上げればキリはないのですが・・・


 こうした状態を、私が指導を受けたシステムでは、次のような観点から分析します。

 1.

スポンサーサイト
プロフィール

究極男道

Author:究極男道
大手コンサルティング会社在籍中に日本各地で起業セミナーの講師や経営学に関する書籍を執筆。
その後独立し、中小企業の資金調達や株式公開に関するコンサルティング会社を経営するも、ものの見事に失敗。
どん底の日々を経験する。

現在は、自己の地獄からの復活を踏まえ、各種セミナーの企画、運営や個人へのコーチング指導を行う。
顧客には芸能人など、有名人が多数。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
20832位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1965位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2アフィリエイト
メンズエステ・プラソン『最新エステが1000円でお試しできちゃいます!』
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。